<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

グーズベリー

 グーズベリー(スグリ)には
f0209028_6391945.jpg
        実の直径より長い とげがあるのだ
        不用意に実を採ろうとするとささる
        動物の口にもささりそうである
        食べてほしいのか、ほしくないのか?
        「一度にたくさんは食べさせない作戦」なのか

f0209028_6393986.jpg
        うぶ毛がかわいい
        と思う
[PR]
by corurico | 2009-05-30 06:50 | 植物

ジューンベリー

f0209028_322446.jpg

ジューンベリーが無事色づいたので、食べました。
中の果肉まで真っ赤です。
ああ、やっと、私の口に入った。その事がおいしさ以上の満足感だったりして。
ただ、思ったよりタネが大きくて口に残ります。熟しすぎだったかも。
タネは採りまき。口に残ったのを即土にうめました。

無事に口に入ったので、残りは鳥たちにと、すべての袋をはずしたままに。
しばらくは何も起こりませんでしたが、鳥の声がしたと思ったら、、、
あっという間でした。
[PR]
by corurico | 2009-05-28 03:11 | 植物

摘心

f0209028_22241180.jpg

小玉スイカの苗を摘心して、その切り取ったつるをそのまま水に挿しておいた。
花が咲き、根も伸びた。植えたら実もなるかな。。。

今年は小玉スイカを栽培しているのだ。大好きなスイカを、自分で実らせ収穫する作戦である。
『趣味の園芸ビギナーズ&やさいの時間』(名前が長い!)5月号を見ながら育てているのだ。
[PR]
by corurico | 2009-05-26 22:29 | 植物

ルッコラ間引き

f0209028_2213092.jpg間引き菜、しかもまだ双葉だけど、ちゃんとルッコラの強い香りが。
間引きながら、そのまま口の中へ。
おいしい〜
[PR]
by corurico | 2009-05-26 22:17 | 植物

昨夜から今朝にかけての雨で

f0209028_0523172.jpg剥げました。
ヘビイチゴです。

タネがきれいに洗い流されて、見事な禿げっぷりです。
[PR]
by corurico | 2009-05-25 23:51 | 植物

仕事の友

f0209028_21502650.jpg

6ミリほどの小さな虫ですが、お尻を持ち上げて、はさみをふりかざすので、あまり仲良くはなれそうにありません。翅は目立たないので、飛ばないタイプの虫かと思っていたら、いきなり翅をひらいて飛びました。

モノクロっぽくて、いい感じの写真になりました。
[PR]
by corurico | 2009-05-24 21:56 |

カタバミってやつは…

f0209028_18453116.jpgテレビの上に飾って一か月経った、カタバミの姿。
あっぱれ
すごい生命力です。
根が出て、花が咲き、未熟だったけれどタネも飛びましたよ。
そしてまだまだ元気。
リゲインの瓶に挿しているからでしょうか?(リゲインは入っておりませんが)

一か月前の姿
[PR]
by corurico | 2009-05-24 18:52 | 植物

あうりんこ

《アトリエあうりんこ》を主宰する陶芸家・小沼 寛さんと
《奏デル盆栽》 を主宰する盆栽家・加藤 文子さんの
 ホームページのご紹介です。

その名は あうりんこ。(←クリックどうぞ)

右側のリンクの欄にもありますので、そちらからもどうぞ〜
[PR]
by corurico | 2009-05-23 23:22 | アート

黒姫の赤鬼さん

C.W.ニコル氏セミナー「聞こえるかい森の声」に出席しました。
放置され風も鳥も通れないような森をどのように復活させたのか、スライドを使っての説明がありました。手入れがされて、気持ちのよい風が吹いてきそうな森となった写真は、とても同じところで撮ったとは思えませんでした。そして、その美しい森の四季の姿。そうですよね、知っていますとも、日本の森の美しさ。知ってはいるけど、長いことふれていなかったです。
手入れのされた森は恵みも多く、動物たちも集まる。森で食物がとれるので動物たちが畑をあらすこともなくなる、ということでした。森にあったクマの糞(の写真)にはトウモロコシなどは見られませんでした。
原生林はそのままでよいのかというと、そうではなくて、こちらは、盗掘などから守らなければならない。かなりひどい盗掘がされているそうです。
会場には、黒姫の森の音(鳥たちの声)が流れていました。朝、あの声が聞こえるなんて、いいな〜
最後に、ニコルさんが今やっている活動についてのスライド上映が4分ほどありました。森に、子供たち、心身に障害を持つ子供たちを呼ぶことです。始めるにあたって、なにか事故が起きた時にどうするのか、誰が責任をとるのか、さんざん話し合ったそうです。もしなにかが起きたら、すべてを失ってしまうかもしれません。そんな覚悟の上の取り組みなのですね。風の匂いをかぐ子供、川の水にさわる盲目の少女、森の中で遊ぶ子供たち。みんな心から笑っていました。
作る人、行動する人を尊敬します。

ニコルさんの「アファンの森」のサイトはこちら。
http://www.afan.or.jp/
[PR]
by corurico | 2009-05-22 23:54 | その他

ある日の散歩道

f0209028_5525290.jpg
喜びと感動を、買いに行こう。
[PR]
by corurico | 2009-05-21 05:53 | その他