きゅうり

f0209028_483960.jpg2週間程前に収穫した、たった一本のキュウリ。

朝収穫して、冷蔵庫で冷やせばお昼にはパキパキのうまいキュウリが…ムフフフ
というもくろみは見事に外れ、すこしシナッとした、中身の白っぽいキュウリだった。お隣からたまにいただくキュウリもそうなのだ。そしてこのキュウリはお隣からもらった実生苗。
たぶんね、日光不足。いきなり苗をもらったのでとりあえず庭の隅に植えたらそのまま伸びてしまったのだ。あまり期待はしていなかったのだが花が咲き、実が実った。実ったので、昔懐かしい、タネがしっかりしたキュウリにしよう(昔は買ったキュウリもそうだったのよ、うちだけ?)と、けっこう大きくなるまで放っておいたのだ。しかし、しょせん日陰物、大きくはなったが力のないキュウリに育ってしまった。と勝手に思う。
昔はタネが形になっているキュウリもけっこう食べた記憶がある。
そのころ飼っていた白文鳥もタネの部分が大好きで、真っ先に真ん中をほじってたのよねー
ああ懐かしい




ちなみに、写真の味噌は手前味噌。
今年は豆のつぶし方が甘く(なぜなら袋に入れて、例の木槌でバコバコつぶしていたら袋が破れたのでいい加減でやめてしまったのだ)、豆の形をした粒が多い味噌になってしまった。でも、売るわけでなし、これでまったく問題はない。うまいおらが味噌である。
[PR]
by corurico | 2009-08-25 04:13 | 食べる
<< 光るタロウ エンドレスサマー >>